仙台で税理士に依頼して会社設立する - 仙台・会社設立のための税理士ガイド

仙台で税理士に依頼して会社設立する

仙台は東北でも屈指の大都市で、大きな企業から小さな企業までいろいろな企業がありますが、近年新規事業を立ち上げる若い経営者が増えてきているように感じます。
これは全国的に言えることなので仙台に限った話ではありませんが、大きな地域になればなるほど経営者の数も多いため、仙台はそういった人が目立つのでしょう。

会社設立するうえでいろいろなことを知らなければなりませんし、スムーズに営業スタートさせるためにも最初の段階でできるだけ情報収集をしてやるべきことを整理しておく必要があります。
しかし、初めて会社設立する経営者にとっては何から手を付けるべきなのか分からない人も多いでしょうし、手続きの流れは分かっていても、ひとつひとつの項目の内容が理解できない場合があります。
個人事業主であれば、税務署に開業届を提出するだけであとはそれほど面倒なことはありませんし、自分一人でも十分にできますが、会社設立となると法人化するわけですから手続きも個人事業主のそれとはまったく違います。
そこで今回おすすめしたいのが税理士に依頼して会社設立することで、税理士は企業と非常に密接した関係にある資格で、遅かれ早かれ必ず関わることになります。
会社設立におすすめの税理士はhttp://www.venture-support.biz/llc/

まずこれを読んでいる皆さんは税理士と言えばどんなイメージを抱いているでしょうか?
おそらくほとんどの人が税金に関することをやると考えていると思いますし、それは間違いではありません。
しかし漠然と税金のことと言っても、会社設立に際してかかる税金の種類を知らなければなりませんし、それをどのように納付するのかも知らなければいけません。
たとえば法人税や法人住民税といった税金は法人化することによってはじめて発生する税金なので、これまで経営者になった経験がない人には馴染みが薄いでしょうし、企業の規模が大きくなればなるほど税金に関することは面倒になります。
税理士なら面倒な税金のこともきちんと解決してくれますし、分からないことはあらかじめアドバイスしてくれます

また、会社設立の手続きを代行することも可能ですから、初めての人にとっては非常に心強いと思います。
会社設立にあたって必要な手続きは簡単に説明すると最初に会社名や会社の所在地、事業内容の設定を行います。
会社名は事業内容を表現したものでも構いませんし、自分の名前をそのまま付けたり、好きな言葉、会社の方向性を示す言葉などいろいろな考え方ができます。
会社の所在地は自分たちが働くうえで良い環境を整えられるかという部分と、アクセス面の両方を考えて決めるのがポイントになります。
事業内容の設定は自分たちのやりたい事業ですが、これはあらかじめどれくらいの資金が必要になるかも明確にしておかなければなりません。

そこで役立つのがベンチャーサポート税理士法人のような税理士の存在で、資金調達の際に銀行でお金を融資してもらうとなると必要な書類を指定されますから、その書類作成をしてもらうことができます。
お金に関すること全般は基本的に税理士と相談しながら進めるのが一番ですし、分からないことや間違ったことがないかチェックすることで、失敗も最小限に抑えられるでしょう。
ここまでが決まったら次は機関設計を決めて会社の組織図を明確にします。
これは代表取締役を誰にするのか、取締役や監査役を誰にするのかなど役員の決定がメインになります。

そして機関設計が決まったら会社設立の重要なポイントとなる定款の作成に移ります。
定款とは会社のルールブックのようなもので、ここまでに決めた決まり事を記載しておくものです。
定款の作成は紙でもできますが、今は電子定款が主流となっており、電子定款にすることによって定款印紙代の40,000円を節約することができます。
電子定款で作成するためには専用のソフトや知識が必要になりますので、会社設立前から税理士に依頼するならこのあたりができる人に頼むことをおすすめします。
最近では、税理士の中にも行政書士の資格や社会保険労務士、中小企業診断士の資格を持っている人も多く、会社設立用の書類作成も得意な税理士がたくさんいます。
行政書士の資格を持っていると各種申請書類の作成もできますから、非常に頼りになります。

定款の認証が終わったら資本金の振り込みを行い、いよいよ登記に移ります。
ここでひとつ問題があるのですが、登記書類の作成や法務局への代行申請は税理士ではできません。
これができるのは司法書士の資格を持つ人か自身で行く以外方法はありませんので、もし代行を依頼したいのであれば新たに司法書士とも契約する必要があります。
とは言え、登記書類の作成は定款ほど複雑ではありませんし申請も必要書類を持って法務局へ行くだけですから簡単です。
あらかじめ必要な書類を法務局で確認してから持参すると忘れずに用意できるでしょう。
会社設立時にトータルでかかる費用は税理士を利用する場合、株式会社でおよそ24万〜26万円程度だと言われています。