どんな税理士がおすすめ? - 仙台・会社設立のための税理士ガイド

HOME » 会社設立での税理士 » どんな税理士がおすすめ?

どんな税理士がおすすめ?

仙台で会社設立する際に税理士のサポートを受けようと情報収集している方も多いと思いますが、こんなときにはどんな税理士がおすすめでしょうか?
まず会社設立手続きのサポートを受けるということは税金に関する知識だけでなく、会社設立の流れに応じた知識も持っている税理士でなければいけません。
したがって、会社設立サポートの経験がある、そしてトータル的なサポートが可能な人に依頼するのが一番いいでしょう。

最近では行政書士や社会保険労務士、中小企業診断士の資格を持つ税理士が増えていますが、これは会社設立手続きからサポートを受けたいと考える経営者が増えているからでしょう。
実際に税理士の資格のみで十分な利益を出すのはなかなか難しい状況になっていますし、そういった税理士は会社設立のサポートには向いていません。
会社設立手続きが税金に関することよりも機関設計や定款の作成などのほうが重要になりますから、行政書士のような資格は大きく役立ちますし、法人化することによって社会保険の知識も必要になるので、社会保険労務士の資格は便利です。

また、税理士に依頼するとなると顧問契約が前提となるケースが多いので、会社運営に関する知識も持っている人がおすすめです。
もちろん基本的な業務である税金関連のことは任せるのですが、それ以外でも相談に乗ってもらえれば経営者としては心強い味方となります。
特に初めて会社設立する人は会社を運営した経験がないわけですから、何もかも手探りの状態で、ミスをしながらそれを修正しつつ会社を育てていくことになります。
そのときに会社設立から運営に携わった経験がある税理士が傍にいれば、その人の経験を聞くことができますし、そうすることでミスをできるだけ少なくできます。

このように会社に携わる税理士は税務に特化していることはもちろん、それ以外の面でも高い知識を持っている人がおすすめですから、どんなことを任せたいのかを明確にして探しましょう。