中小企業の節税は税理士へ - 仙台・会社設立のための税理士ガイド

HOME » 会社設立での税理士 » 中小企業の節税は税理士へ

中小企業の節税は税理士へ

中小企業は大企業のように豊富な資金があるわけではないので、コストをかける部分とカットできる部分をしっかり把握することがとても大切になります。
近年、新規事業をはじめる経営者が増えいていますが、短期間で廃業に追い込まれるところもめずらしくないのです。
これは長引く不況の影響や、事業計画の甘さなども原因となっていますが、コストカットできる部分をしっかり把握できていれば意外と防げることだったりします。

それでは企業のコストカットできる部分とはどんなところかと言うと、もっとも手っ取り早いのが税金です。
節税をうまくやっている企業はそれほど大きな企業でなくても長続きしていますし、長年中小企業を継続させるノウハウの中には必ず節税に関することが含まれています。

たとえば経費は税金として計上されませんから、どのくらい経費として計上できるのかが判断できればそれだけで大きなコストカットを可能にします。
電気は企業を動かすときに必要なものなので、電気代は経費となりますし、その他光熱費やコピー代、インク代なども経費になります。
こういったことを管理してくれるのが税理士ですから、まずは信頼できる税理士を見つけて節税対策を開始するといいでしょう。

信頼できる税理士とひと言で言ってもなかなか見つけるのが難しいかもしれませんが、最近ではいろいろな手段で情報収集できます。
インターネットで検索すれば数多くの税理士に関する情報が見つかりますし、税理士を紹介している専門機関もあります。
ある程度ピックアップできたら実際に話をしてみて、そこで合う合わないを判断して決めるとその後もスムーズな付き合いができると思います。

一番良くないのはネット上の情報や人からの口コミだけで判断してしまうことで、良い評判だったからすぐに顧問契約したらあまり相性がよくなかったというケースは意外とあります。
そのような結果にならないためにも、自分の足で動いて探すことも重要なのです。