会社設立するときの税理士の役割 - 仙台・会社設立のための税理士ガイド

HOME » 会社設立での税理士 » 会社設立するときの税理士の役割

会社設立するときの税理士の役割

企業と税理士は非常に密接した関係にあり、会社設立するときから税理士に相談しながら進める人もめずらしくありません。
なぜなら、起業してからいつかは税理士と関わる機会が必ずあるため、できるだけ早い段階から信頼できる税理士を見つけておこうと動き出す人がたくさんいるからです。
それでは会社設立するときのメリットを受けるために税理士の役割とはどんなことがあげられるでしょうか?

はじめに税理士のできることについてまとめておくと、どんなことを依頼できるのか分かると思います。
まず代表的な役割としてあげられるのが何と言っても税務に関する業務の代行で、これは企業に発生する税金に関する申請や申告の代行業務です。
たとえば確定申告は企業であれば必ず行うことですし、法人税や法人住民税など企業にかかる税金の申請なども該当します。
次にこれらの税務にかかる書類作成の代行も税理士の仕事としてよく知られており、確定申告書の作成や相続税申告書の作成をはじめ、あらゆる税務署類の作成をします。
そして税務に関する相談も受け付けており、まずはここからスタートする人も多いでしょう。
基本的な税金の知識はもちろん、確定申告などの申請や申告の流れなどを説明してくれますので、初めて会社設立する人にとっては非常に心強い存在となるはずです。

この3つが基本的な業務で、そのほかにも会計に関するアドバイスを行ったり、会社の会計の代行業務もできます。
さらに会社設立の窓口となったり、起業後のスケジュールの相談などを行ったりすることもできます。
中にはオフィス探しを手伝ってくれるところもありますので、ゼロからの状態でも力になってくれます。
税理士の中には行政書士の資格を持っている人もいて、そういった人だと登記書類の作成から申請代行はできませんが、それ以外の書類作成が可能です。

このように税理士の役割を見ていくと、会社設立から会社設立後まで幅広くサポートしてもらえることが分かると思います。