税理士と弁護士 - 仙台・会社設立のための税理士ガイド

HOME » 会社設立での税理士 » 税理士と弁護士

税理士と弁護士

会社設立時にはいろいろな専門家が力を貸してくれますが、中でも税理士と弁護士は長く付き合っていくことの多い人たちではないでしょうか?
そこで今回は税理士と弁護士の企業とのかかわりについてお話していきたいと思います。

まず最初に税理士と弁護士はそれぞれ特徴的な役割があって、税理士は税務関係、弁護士は法務関係の業務をメインにしています。
税理士は企業にかかってくる税金に関する申請・申告用の書類作成や代行業務、相談やアドバイスをしているのに対して、弁護士は企業が法に触れないようにするためのアドバイスや万が一法的な手続きが必要になった場合の相談や代理人業務をやってくれます。
どちらの専門家も基本的に顧問契約している企業がほとんどで、そのタイミングは特に決まっていませんができるだけ早い段階で見つけておいたほうがいいでしょう。

また、共通点として会社設立手続きのアシストをしてくれるという面があり、これは税務や法務以外の面でもかかわってくれます。
会社設立手続きが初めて起業する人にとってややこしい部分も多いですし、専門的な知識を必要とする場面もあります。
たとえば定款の作成は現在電子定款がメインになっていますが、電子定款で作成する場合、専用のソフトを導入しなければなりません。
紙の定款だと収入印紙代40,000円がかかりますから、これを節約するために電子定款にするのですが、自分だけでやるとなると40,000円以上かかってしまうこともめずらしくありません。
したがって会社設立手続きは自分だけでやるよりも専門家と共同で進めていくほうが効率的ですし、最終的にかかるコストも抑えられるのです。

よくコストカットしたいから自分だけで手続きをやりたいという人がいますが、これはもともと法律的な知識があるならいいかもしれませんが、そうでないなら時間もお金もかかってしまうので非常に不効率なやり方と言えます。
税理士と弁護士それぞれの特徴を理解し、うまく付き合っていくことをおすすめします。