税理士に依頼 - 仙台・会社設立のための税理士ガイド

HOME » 会社設立での税理士 » 税理士に依頼

税理士に依頼

中小企業でも税務を税理士に任せたいと考えるところが多く、そういったところは顧問契約を前提とした話をするために情報収集していると思います。
しかしいざ情報収集しようと思ってもどこから手を付けていいのか分からない、どの情報を信じればベストなのか、など判断が難しいこともあるでしょう。
中小企業は資金面でのやりくりが重要なポイントになりますから、税理士の果たす役割は大きく、信頼できる税理士を見つける必要があります。
そこでここでは、信頼できる税理士はどのようにして見つけるのか、そのポイントをお伝えしていきます。

はじめに税理士に依頼するタイミングをいつにするかというのが問題で、たとえば会社設立時からサポートしてもらいたい場合は会社設立から営業サポートまで幅広いサービスの提供をしている税理士を選ばなければなりません。
税理士は基本的に企業と顧問契約している人もけっこういるので、ビジネスに関する知識も豊富ですが、中には会社設立に関することはあまり詳しくない人もいます。
つまり税務以外の部分でも得意分野ある人が求められますので、行政書士や中小企業診断士、社会保険労務士といった資格を持っている税理士に依頼するといいでしょう。

探すときの手段はインターネットが便利で、近くの会計事務所がどこにあるかチェックして直接話を聞いてみてもいいかもしれません。
基本的に弁護士などと同様に話を聞くだけなら無料ですし、そこで相性が合わなければ別のところへ行けばいいのです。
実際に話してみることは税理士を選ぶときだけでなく、人とのコミュニケーションを取るためには必ず必要になりますから、自分の目と耳で判断してください。
そのうえで口コミやインターネット上の情報を頼りにすると良い出会いがあるはずです。

税理士は顧問契約を前提とした契約のみをしているところが多いですから、依頼のタイミングを決めておき、そこに合った人にお願いするのが一番です。