開業後の役割 - 仙台・会社設立のための税理士ガイド

HOME » 会社設立での税理士 » 開業後の役割

開業後の役割

仙台で会社を設立する人の中には、税理士に手伝ってもらいながら手続きを進めたいと考えている人も多いと思いますが、税理士は基本的に顧問契約を前提とした契約になることが多くなるので、開業後のことも頭に入れておかなければなりません。
もちろん手続きのみ関わってくれる税理士もいますが、そうなると費用が割り増しになってしまい、わざわざ税理士に依頼する必要がないことが多いです。
したがって税理士に依頼するなら顧問契約をしたほうが良いですし、だからこそ開業後の役割についても決めておかなければなりません。

まず税理士の役割は何かと言えば、基本的な部分で言うと税金に関すること全般です。
会社との関わり方で言えば節税に関する相談に乗ったり、税金関連の申請書類の作成や申請代行、確定申告や年末調整などが代表的です。
こういったことだけを任せるのであれば、税理士の資格を持つ人で十分ですが、そのほかの部分でも頼りにしたい場合は別に資格も持っている税理士がおすすめです。

たとえば会社設立手続きからサポートしてもらいたい場合、税金に関すること以外の専門知識も必要になりますし、保険なども重要な部分になります。
また、開業後も会社の営業に関するアドバイスをもらいながら経営していきたいのであれば、そういった資格を持つ人がいいでしょう。
代表的な資格で言えば中小企業診断士や社会保険労務士で、この2つの資格は一緒に持っている税理士もけっこういます。
つまり役割に応じて税理士を探すことが大切ですし、今や税理士の資格だけを持つ税理士も少なくなってきています。

長く付き合っていくことになりますから、最初の段階でしっかり情報収集して探すことがポイントになりますし、実際に会ってどういった印象かチェックしてみるといいでしょう。
税理士は会社とのかかわりがもっとも深い存在でもありますので、心から信頼できる人でなければいけませんし、多少時間がかかっても相性の良い人を選んでください。