顧問契約について - 仙台・会社設立のための税理士ガイド

HOME » 会社設立での税理士 » 顧問契約について

顧問契約について

仙台で起業を考えている方の中には、税理士と顧問契約しようか悩んでいる人も多いと思います。
まず率直に言うと、税理士の利用を考えているなら顧問契約を前提とした話し合いをするほうがコスト面でも会社の運営面でもメリットが多くなりますのでおすすめです。

たとえば会社設立手続きのみサポートしてもらったとして、その後ほかの税理士に依頼するとなるとまたゼロからいろいろなことを伝えたりしなければなりませんので面倒ですし、費用も高くなります。
仙台の会計事務所の中には、顧問契約を前提とした契約にすると利用料金が安くなるサービスをしているところも多いです。

また、顧問契約をしないということは自分たちで会社の会計をしなければなりませんし、税金関連の申請や確定申告などもすべて自分たちでやらなければなりません。
もしそこでミスが発生すると大きなトラブルになる可能性もありますし、そこに時間をかけるのであれば専門家に任せて事業に専念したほうが賢い選択ではないでしょうか?

特に初めて経営者となる人はまだまだ経営について学ばなければならない点も多いですし、会社設立から会社運営に特化した税理士ならトータル的なサポートが可能なので困ったときに大変頼りになります。
経営者は孤独な立場になりますから、いつでも相談できる存在がいるだけでも心強いと思います。
つまり顧問契約するということは会社設立から会社運営、そして会計などのサポートを受けられるだけでなく、良きパートナーとして精神的にも支えられる存在と言えるのです。
それだけ重要なポジションになるわけですから、選ぶときには十分に情報収集してください。

直接会って話をしてみてこの人なら信頼できそうだという人に決めるようにしましょう。
最近では求めていることに応じて税理士を紹介してくれるところもあるみたいなので、そういった機関にも相談してみるといいかもしれません。
まずは近くの会計事務所で話を聞いてみるところからやってみてください。