会社設立での税理士の記事一覧 - 仙台・会社設立のための税理士ガイド

HOME » 会社設立での税理士

会社設立での税理士

仙台・会社設立のための税理士ガイド

税理士

・お世話になった人に贈るお礼状
会社設立に至るまでの道のりは、決して簡単なものではありません。時には挫けそうになり、会社設立を諦めようと考えている方もいらっしゃるでしょう。でも何とか会社設立ができたのは、一重に経営者の努力あってこその成果です。でも会社設立は、自分1人の力でできるものではありません。協力していただいた司法書士や税理士、そして家族や友人・取引先の会社の協力があってこそです。
もし会社設立をしたのなら、お世話になった人達に対してお礼状を贈るのが礼儀です。そこでお世話になった人達に贈りたい、お礼状について取り上げます。

≫ 『仙台・会社設立のための税理士ガイド』

会社設立後の必要運転資金

会社設立 税理士

・会社設立で必要となる運転資金
会社設立時の用意すべき運転資金について。
今回は、会社を立ち上げてから黒字に転換するまでの間、どの程度の運転資金を確保しておけばいいのか?
また、運転資金の集め方について詳しく説明したいと思います。

・開業後に必要となる運転資金
会社にとって運転資金は、まさに体力ともいえるものです。
これが少ないと、事業がうまくいかなかった時、たちまち行き詰ってしまいます。
では、どの程度の運転資金があった方がいいのでしょうか?
これに関しては業種ごとに原価が違いますので、ひとくくりにはできませんが、目安としてはだいたい3ヶ月から1年分の運転資金を用意しておいた方がいいでしょう。
出来る限り資本金を積んでおいた方が、安定した経営をすることができます。
ただし会社設立時の資本金は、1,000万円以下に抑えた方が税制上のメリットが大きいということを知っておいてください。

・国の融資制度や補助金制度を活用しよう
国が運営する行政機関から、お金を借りるという方法もあります。
例えば、国庫と呼ばれる独立行政法人が、企業に対して貸付を行っているのですが、そういった機関から融資を受けることで、民間の金融機関からお金を借りるよりも低金利無担保で資金調達をすることができます。
また、国からの補助金制度も、有効に活用しなければなりません。
補助金に関しては、適切に運用していけば返済する義務がありませんので、こちらの方が有利です。
正しい事業計画書の作成が必要となりますので、専門家のアドバイスを聞きながら補助金を受給するための書類を作成していくといいでしょう。

・クラウドファンディングで資金集め
たくさんの人から共感を集めることで、資金調達が可能になるのがクラウドファンディングのいいところです。
軍資金の少ない企業でも融資を受けられる可能性がありますので、銀行で融資を拒否された場合は、クラウドファンディングにチャレンジしてみるといいです。

・法人クレジットカードの活用
法人のクレジットカードを作っておけば、会社のために決済した代金を経費として計上するのが簡単になってきますので、経理上の雑務が少なくなります。
また、決済の時会社の現金を使わないので、資金面で助かるというメリットもあるでしょう。
正しいクレジットカードの金利は高いですので、計画的な利用を心掛けることと、プライベートに関する費用を、法人のクレジットカードで捻出してはいけません。
その点に注意して、クレジットカードを有効活用してみましょう。

会社設立で税理士に依頼するのは起業時?

会社設立 税理士

福岡で会社設立を検討している方は、税理士・行政書士・司法書士など会社設立代行業者のことをインターネットで見かけることも多いことでしょう。
このように会社設立代行の業者は士業ということになりますが、本来の会社設立の手続代行ができる士業は、公証人役場での定款の認証の代行は行政書士で、法務局の登記申請は司法書士となっているのです。
しかし会社設立代行を税理士に依頼するケースも多くて、それは設立後の税務等のサポートも考えているからです。
また、このように税務顧問の契約が前提なら設立手続を無料で対応するところも多くなっているというのも理由のひとつです。
ただ手数料はかかってきますが会社設立代行のみについても対応しています。
その為、設立手続が無料になるから会社設立時に依頼した方が良いと考える方もいれば、設立のみで依頼して起業後の様子を判断して税理士に依頼をしようと考える方もいるのです。
一概にどのタイミングが良いという正解はありませんが、会社設立時と起業後それぞれの税理士への依頼するタイミングについて知っておくと参考になります。

起業後の状況も踏まえて本当に税理士との顧問契約が必要なのかを判断して依頼をしないと本末転倒になる場合もあるので、単に会社設立手続を無料でやってくれるから税理士顧問もお願いするではだめです。
ただ、会社設立から税理士に依頼すると、創業融資のサポート・助成金・補助金などの相談や申請にも対応してくれるなど様々なメリットがあります。
その為、会社設立時から支援してもらって、設立後の税務顧問契約をするという方が全体の8割以上いるのです。
一方で会社設立代行のみの依頼をした場合でも、売上が上がってきたタイミングや1期目の確定申告が到来したタイミングで、税理士に相談するケースも少なくありません。
起業当初は自分で申告しようと考えていても、法人の決算申告は個人の決算や確定申告と比べて複雑になるので、申告書様式等を見て諦めて決算・申告を税理士に依頼しようという方が多いからです。
税理士事務所の方針にもよるので一概には言えませんが、会計や税金だけでなく経営についても相談できることを考えると、起業時から税理士というパートナーができるメリットは大きいと言えます。
よきパートナーとしての税理士と出会えると経営者にとってはとても心強いことになるので、福岡で会社設立を考えているのなら設立代行から税理士に相談・依頼するのもおすすめです。

福岡会社設立ナビ 税理士編

会社設立01

福岡は九州でも屈指の大都市として知られており、九州の経済を支える中心地と言える存在ですから、当然そこで会社設立を夢見る人も少なくありません。
中には福岡という地に惹かれて、わざわざ東京からやってくる人もいると言われていますし、それだけ魅力の溢れたエリアですから、今後もさらに福岡のビジネスシーンは発展していくことが予想されます。

そこでここでは福岡で会社設立を目指す人のために、会社設立に詳しい税理士からポイントを聞いてきたので紹介していきたいと思います。
まずひとつめは会社設立の手続きに関するポイントで、会社設立手続きと言えば会社名・会社の所在地・事業内容などを決めるところからスタートします。

中でも会社名は会社の看板となるものですし、できるだけインパクトがあって覚えてもらいやすいネーミングにしたいと思い、試行錯誤している人もたくさんいるのではないでしょうか?
会社名をつけるときによくある疑問として「英語表記の名前にしたいけど可能なのか?」という声があがりますが、これは厳密に言えばできません。

と言うのも日本で会社設立する場合は必ず商号をつける必要があって、たとえ名前が英語表記になっていたとしても最初か最後に商号をつけなければならない決まりになっているからです。
たとえば株式会社であればABC株式会社あるいは株式会社ABCといった感じで表記しなければなりません。

ですから会社名自体を英語表記にすることはできますが、正式名称とするときには必ず商号がついてくるのでそうはいかないのです。
次に覚えておいてほしいのが定款の作成についてで、会社設立をするときにはどんな形態にするにしても必ず定款を作成しておかなければなりません。

定款とは会社名・会社の所在地・事業内容、機関設計、資本金など会社の情報を細かく記載した書類のことで、ここに記載されていることを中心に事業を進めていくので非常に重要な書類になります。
しかし定款の作成は公証役場で行うと印紙代40,000円がかかってしまうため、現在は電子定款がスタンダードとなっています。

電子定款で作成するためには専門の知識と専用のソフトが必要になりますから、これを使いこなせる専門家の存在が欠かせません。
最近では税理士の中でも電子定款に対応している人が増えているため、会社設立手続きの段階から力になってくれる人が増えています。

この2点は特に注意しておきたいところなので覚えておいてください。

会社設立の流れを知ることは重要

会社設立

会社設立をしようと思っていても、流れがわからなければ何もできません。
やはり最初の壁となるのが、この会社設立の流れなのではないでしょうか。
ここでは、あまり難しい言葉を使っても頭に入ってこないので、とても噛み砕いて紹介したいと思います。
結論から言うと、会社設立は難しくありません。
手間や面倒はあるものの、そこさえ乗り越えれば簡単に設立できるようになっているので、今後会社を設立したいと思っている方は参考にしてみてください。
もちろん、簡単に設立できるとは言っても、必要となってくる手続きなどは多々あるので、そこはしっかりとチェックしておくことをおすすめします。
勉強もまったくしない状態で設立しても、上手く経営していくことができなければ本末転倒です。

そこはちゃんと努力できるかどうかが鍵となるでしょう。

まず会社設立をする場合は、どのような会社にする予定なのかを計画していくことが必要となります。
事業内容などを考えなければ展望も見えてきませんし、何より必要となる取引先やクライアントもわかりませんし、事務所の規模や設備の規模も判断できません。
そのため、まずはどのような事業をするのかを明確にしましょう。
そのことを事業計画と言います。
この事業計画をしっかりしておけば、銀行からの融資も受けやすくなりますし、資本金集めもスムーズにいきます。
また、単純に会社設立とは言っても、株式会社だけではありません。
有限会社もありますし、合同会社や合資会社などもあるのです。
その会社形態についても重要となってくるので、それらを決めていきましょう。
大枠の事業計画ができてこそ、初めて手続きなどが必要となってきます。

ちなみに、会社として経営していくためには定款などのルールやマナー、決まりなどを決めていくことが必要です。
これらも国に認めてもらうことが必要となるため、テンプレートを活用しながら決めていくようにしましょう。
ちなみに、会社設立においてわからないことがある場合は、税理士や司法書士、行政書士に社労士などを使っていくと良いです。

その他、面倒な手続きや手間のかかる手続きもあるので、それらは専門家に任せた方がミスもなくて良いでしょう。

どんな税理士がおすすめ?

仙台で会社設立する際に税理士のサポートを受けようと情報収集している方も多いと思いますが、こんなときにはどんな税理士がおすすめでしょうか?
まず会社設立手続きのサポートを受けるということは税金に関する知識だけでなく、会社設立の流れに応じた知識も持っている税理士でなければいけません。
したがって、会社設立サポートの経験がある、そしてトータル的なサポートが可能な人に依頼するのが一番いいでしょう。
≫ 『どんな税理士がおすすめ?』

顧問契約について

仙台で起業を考えている方の中には、税理士と顧問契約しようか悩んでいる人も多いと思います。
まず率直に言うと、税理士の利用を考えているなら顧問契約を前提とした話し合いをするほうがコスト面でも会社の運営面でもメリットが多くなりますのでおすすめです。
≫ 『顧問契約について』

開業後の役割

仙台で会社を設立する人の中には、税理士に手伝ってもらいながら手続きを進めたいと考えている人も多いと思いますが、税理士は基本的に顧問契約を前提とした契約になることが多くなるので、開業後のことも頭に入れておかなければなりません。
もちろん手続きのみ関わってくれる税理士もいますが、そうなると費用が割り増しになってしまい、わざわざ税理士に依頼する必要がないことが多いです。
したがって税理士に依頼するなら顧問契約をしたほうが良いですし、だからこそ開業後の役割についても決めておかなければなりません。
≫ 『開業後の役割』

税理士に依頼

中小企業でも税務を税理士に任せたいと考えるところが多く、そういったところは顧問契約を前提とした話をするために情報収集していると思います。
しかしいざ情報収集しようと思ってもどこから手を付けていいのか分からない、どの情報を信じればベストなのか、など判断が難しいこともあるでしょう。
中小企業は資金面でのやりくりが重要なポイントになりますから、税理士の果たす役割は大きく、信頼できる税理士を見つける必要があります。
そこでここでは、信頼できる税理士はどのようにして見つけるのか、そのポイントをお伝えしていきます。
≫ 『税理士に依頼』

中小企業の節税は税理士へ

中小企業は大企業のように豊富な資金があるわけではないので、コストをかける部分とカットできる部分をしっかり把握することがとても大切になります。
近年、新規事業をはじめる経営者が増えいていますが、短期間で廃業に追い込まれるところもめずらしくないのです。
これは長引く不況の影響や、事業計画の甘さなども原因となっていますが、コストカットできる部分をしっかり把握できていれば意外と防げることだったりします。
≫ 『中小企業の節税は税理士へ』